子ども読書空間 愛称決定の投票を行います

令和3年3月にオープンした子ども読書空間の愛称を決定する投票を下記のとおり実施します。
ぜひご参加ください。

【期間】
令和3年10月1日(金)~令和3年10月19日(火)

【投票方法(2種類)】
1.来館して投票
  市立図書館、楽田ふれあい図書館の開館時間に、来館して投票してください。
2.ネットで投票
 あいち電子申請システムのリンク

【愛称候補】
市内の小学3年生から中学3年生までの11人が「愛称を考えるワークショップ」に参加し、6つの候補を選びました。
1.ブックキャンプ
  キャンプに出かけてワクワクする感覚、読書を通して初めての経験や冒険を楽しむ、そんな思いが込められた子ども読書空間のイメージから生まれました。
2.ほんのわ
  たくさんの本をよんでほしい、本を通じてたくさんの世界とつながってほしい、本を通じていろんな人との交流(人の輪)が広がってほしいという願いを込めました。
3.ゆめのそうこ
  いろんな夢がいっぱいつまった空間をストレートな言葉で表しました。
4.ふぃーかきゃんぷ
  「フィーカ」はスウェーデン語で日々の仕事の手を休め、おしゃべりしたり、休憩するために集うという意味。そんな空間になったらいいなという願いを込めました。
5.わん!ぶっく
  「わん」には犬山の「犬」と数字の「1」の意味を込め、1冊でも多くのすてきな本を見つけてほしい、自分にとっての1番の本をみつけてほしいという願いを表しました。
6.グリーンライブラリー
  子ども読書空間にデザインされた自然豊かな犬山を表しました。

お知らせ一覧に戻る